ヨガと本と日々の暮らし

2児の母で、文化系ヨガ講師のゆるやかな日常

言葉の持つ力を考えたくなる本

f:id:yoga_and_books:20220818084429j:image

#水は答えを知っている

#江本勝

 

●内容(「BOOK」データベースより引用)
水に「ありがとう」という言葉を見せると、形のととのったきれいな氷結結晶をつくる。一方で「ばかやろう」という言葉では、美しい結晶はできない。言葉によって、声によって、写真によって、まったく違う顔を見せる氷結結晶は、私たちに「どう生きるか」というメッセージを伝えてくれる。

 

 

●感想
この本では、様々な方法で水から結晶を作る実験をしています。水道水、自然の山の湧き水で違いはあるのか、美しい音楽を聴かせたらどんな形になるか。感謝や優しい言葉、罵るような言葉を見せたとき、それぞれどんな形になるのか❄️

 

お察しの通り、良いと考えられる選択肢のものの方が、美しい結晶になります。言葉だけだと、説得力がないかもしれませんが、本書では実際の結晶写真がたくさん載っています。著者によると、最も美しい結晶を作ったのは、「愛と感謝」の言葉で、様々な言語で実験しても同様な結果が得られたそうです❄️

 

私たち人間は70%が水分で占められています。「さぁどんな言葉、態度で生きていくのか?」と問われます。

 

 

印象的だったのは、水は分子記号でH2Oと表記されますが、「愛と感謝」が水と同じように2対1でむすびついているとしたら、感謝が2、愛が1ではないかと書かれている箇所です。その比率で生きていくのが、人間本来の生き方なのではないかと。

 

「なるほど、うまいこと言うなぁ!」と感じると共に、感謝をたくさん口にしていたら、自然と愛情に満ちた態度がついてくるのかも知れないとも思いました🌿

 

 

自分の言葉は相手に向けられてはいますが、その発された言葉をいちばん聞いているのは自分自身。結晶を思い出し、使う言葉によって、相手も自分もひょっとしたら体内の水分がよどんだり、濁ったりするかも知れないという視点を持っていようと思いました。

 

 

私が出会った人たちを見ていると、年齢を重ねていくにつれ、内面と顔の印象はだんだんと一致していく傾向があるように思います。笑いじわが可愛い優しいおばあちゃん👵🏻、ユーモアに富んだ口角の上がったおじいちゃん👴🏻

 

 

言葉や態度は、その人の外見にも滲み出るんじゃなかろうかと、本書を読み、一層考えさせられました。

 

 

人が良さそうな可愛いおばあちゃんを目指したいものです👵🏻

 

最後までお読みいただきありがとうございました😊

イライラママ脱出のヒントは、ヨガ哲学にあり

f:id:yoga_and_books:20220818084253j:image

 

ヨガ哲学では、まず「本来の自分」を知りましょうと言ってます🧘‍♀️

 

 

一歩引いたところから観察しているのが、「本来の自分」で、観察できる対象のひとつひとつは「本来の自分」ではないと考えます。

 

 

そのときどきで変化する身体や心(感情、思考)は自分ではなく、それらを感じている別の存在が「本来の自分」と考えます。

本来の自分は、観察する者で、喜びに満ちているとヨガでは考えます🕊

 

なんか怪しい雰囲気になってきたので(笑)、具体的な私の話で解説します🙋‍♀️

 

 

仕事でトラブルがあった日で、ギリギリに退勤しダッシュで子どもたちを保育園へ迎えに行き、自宅に帰り、娘をおんぶしながら夜ご飯の準備をしています。そんな中、上の息子が牛乳を飲みたいと言うので、渡したらバシャーン!と盛大にこぼしたというシチュエーションで考えます👩‍👧‍👦

 

身体→仕事を終えた時点で結構疲れてて、娘をおんぶしてることで更に肩に負担がかかってる状態

 

感情、思考→早く夜ご飯の支度をしたいのに、こぼした牛乳の処理もしないと…はぁ、なんでこぼすかなぁ…

 

とまぁ、こんなかんじですよね!

 

 

こういう時って、つい息子にイライラした言葉をぶつけてしまいがちです👹

 

 

身体のコンディションが悪いと、「本来の自分」を感じられなくなり、感情に支配されがちです。

一時的に息子に対して、ネガティブな感情が湧いてますが、「本来の自分」が持っている息子に対する愛情は変わりません。

 

 

例えば、日中はパパに子どもたちを見てもらって大好きな映画を見て、お気に入りのセラピストさんのマッサージを受けて自宅に帰ってきたという日の夜に起こった出来事なら、「そういう時もあるよね!一緒に片付けるか😊」とニコニコ対応できるかも知れないですよね!

 

 

「本来の自分」を忘れず、感情に振り回されないために、まずは身体のコンディションを良くしておきましょうというのが、ヨガのポーズの練習です。日常でも「観察する自分」につながりやすくする練習が、瞑想です。

 

 

小さい子どもとの生活は、「え、うそやん😇」の連続で毎回感情に振り回されてたら、ママが疲弊してしまいます。

なので、子育て中のママにこそヨガがおすすめです🧡

 

 

私自身もヨガに助けられてると感じてますし、ヨガをしてなかったら、怒鳴りちらかしてたかも知れません(笑)

 

 

ちなみに、例にあげたようなシチュエーションですが、息子にごちゃごちゃ言う前に観察する自分に気づき、ぐっと言葉を飲み込める時もあります。

でも、「両手で持ってって言ったじゃない👹!!」と言って息子もギャン泣き😭ということもあります。

 

言ってしまったあとで、観察する自分につながり、感情に乗っ取られてしまうほど疲れていたんだなぁと理解します。

 

 

そして、仲直りのために息子に一緒にアイスを食べようと声をかけたりしてます🍦

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ママの自己肯定感が上がる方法

f:id:yoga_and_books:20220818083823j:image

0歳、1歳の頃にしか聞けない喃語ってとっても可愛いですよね🧡

 

 

でも、時折、赤ちゃんが何を求めているのかわからなくて「早く、会話できるようになればいいのに…」などと途方に暮れてしまう時もあります。

 

 

新米母としては、それは至極まっとうな反応で、むしろ一生懸命頑張ってる証拠だと思います👏(これ自分自身にも言い聞かせています!笑)

 

 

我が家は、寝る時は息子、私、娘の順に並んで寝てます👦👩👶(夫は大抵私たちが寝たあとに帰ってきます)

 

 

娘が産まれたころ、息子の、新参者の娘へのやきもち対策として、寝る前に、私が娘のアフレコをしてました。

 

 

👶「〇〇君(息子のこと)、今日もありがとね!明日も仲良く遊ぼうね!おやすみ。」

 

といった具合です。

 

息子もそれを聞くと、まんざらでもない様子で、

 

👦「うん!〇〇ちゃん(娘のこと)、おやすみ。」

 

と元気に応えていました。

 

息子は、私がアフレコしてることは理解していましたが、それでも娘に対して好意的な態度に変わっていきました。

 

 

ふと、娘のアフレコの声で、

 

👶「お母さん、今日もありがとう!最近、夜泣きしちゃってごめんね!」

 

と言ってみました。

 

息子がいる手前、今度は私の声で、

 

👩「こちらこそありがとう!夜泣きね、まぁそういう時期だから気にしないで!」

 

と自然に返してみました。

 

 

 

私が1人でしゃべってるコントみたいな状況なんですが(笑)、意外と私の脳は娘からのメッセージのように受け止めているのか、少し良い気分になったんです😌🤎

 

それ以来、娘のアフレコで、

「今日も1日ありがとう!」

といったことを自分に投げかけています😂(笑)

 

 

息子も調子がいい時は、


👦「お母さん、今日もありがとう。」

 

と言ってくれます。

 

 

誰にでも有効かは分かりませんが、もし良かったらやってみてくださいね🌿

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

娘と鳩時計

f:id:yoga_and_books:20220816090511j:image

 

少し前、我が家に鳩時計をお迎えしました🕊

 

 

3歳息子に、「◯時になったからお風呂に行こう!」てなかんじで時間の感覚をつかんでもらうのにいいかと考えたからです。

 

 

普通の時計でもいいんですが、単純に私が鳩時計の見た目を気に入ったのと、1時だと1回「ポッポ!」と鳴き、2時にだと2回「ポッポ!ポッポ!」と鳴くというので、「これはいいかも知れないぞ👍!」と感じたからでした。

 

 

いざ、我が家に来てみると最初こそ息子は興味を持っていましたが、今の息子にはあまり響かなかったようです👦

 

 

ところが1歳娘👶の方にこれがヒット!

 

鳩時計が鳴くたびに、「お!なんや♪」と反応し、「ポッポー」と真似するようになりました🐥

 

ちゃんと言葉として聞き取れるのは、この「ポッポ」が初なんじゃないかと思います。ちなみに、他に発語できる言葉は「アンパン(アンパンマンのこと)」。

 

 

私や息子は、だんだん鳩時計が鳴くことに慣れてしまい、他のことをやっていると、聞こえているような聞こえていないような…というかんじになってしまったのですが、娘は毎回新鮮な気持ちで、喜んで反応しているように見えます⏰

 

 

きっと娘は、我が家の誰よりも「今、この瞬間」に身を置いているんだろう、過去や未来の不安なんて存在しない「今」を全身で感じているんだろうと、「マインドフルネス師匠、さすがです👏」と思った出来事でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ゆるエシカル〜水族館、サンゴに優しい日焼け止め〜

f:id:yoga_and_books:20220816090057j:image

 

7月のゆるエシカル活動を振り返りたいと思います🧡
引き続きInstagramで @misamisaz さんの #サステナ部 を参考にしています🌍

 

 

 

f:id:yoga_and_books:20220816090049j:image

 

◇水族館で海のことを学ぼう

1ヶ月前ほどに仙台うみの杜水族館の年パスをゲットし、既に2回行きました(笑)子どもたちと3人でもわりと余裕で自分のワンオペ筋力がついてることに自信が湧いてきました👩‍👧‍👦!
生き物たちの説明のパネルを見ていると、「海の生き物たちがこれからも生息出来るようになにかせぬばならん!」と鼻息が荒くなります(笑)

 

 

 

◇サンゴに優しい日焼け止めを使おう

そんなわけで、サンゴに優しい日焼け止めを買ってみました。日焼け止めの成分は、サンゴや海の生態系に影響を及ぼすそうです。私は今、海で泳ぐことはそうそうないので、これは意思表示ですね🐋別に誰に見せるわけでもないんですが(笑)
ヴェレダの商品に込めた考えや想いも良いのですが、それを置いといても普通に使い心地が良いです🌿
生後1ヶ月の赤ちゃんから使えて、石けんでオフできるので子どもたちとも兼用できるのも◎
若干トーンアップできるので、在宅ワークの日は、これ塗って眉毛描いて終了です🫡(笑)

 

f:id:yoga_and_books:20220816090126j:image

 

 

そして、うみの杜水族館に置いてあったリーフレットで、深沼のビーチクリーンをやっていることを知り、興味を持っています。

 

 

しかしながら、1歳3歳と行っても、お邪魔になるだけかな…夫さんは、あんまり興味を示してくれないし、休みとも限らないし…🤔

 

8月は熱中症も気になるので、行くなら9月以降かなと思うのでもうしばらく、検討しようと思います。

 

 

いつも考えるきっかけをくれる @misamisaz さんの発信に敬意と感謝です🫶✨

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました🕊💛

産後の憂鬱には、「今、ここ」にピントを合わせる

f:id:yoga_and_books:20220816085825j:image

 

産後は、ホルモンバランスの急激な変化、出産による身体のダメージが回復していない状態から、慣れない育児がスタートし、睡眠もまとめてとれず、心がアンバランスになる要件が揃っています。

 

 

子どもを産んだからと言って、すぐに母親になれるわけでもなく、新しく加わった自分のアイデンティティを受容していくのも人によっては時間を要するものだと感じます🤱

 

 

私も例にもれず、「嬉しい!遂に赤ちゃんに会えた!」と高揚した気持ちもあるのだけど、同時に、私なんかにはたして母親が務まるのだろうか…と落ち込んだ気持ちも持ち合わせていました💦

 

 

これは、2人目の娘の時も同じで、赤ちゃん単体との生活の経験はあっても、赤ちゃん+当時2歳の息子を同時に見るという経験はない。2人育児をやっていけるのだろうか…と打ちひしがれてきました。

 

 

産後の約85%の方が、ひどく気分が落ち込むことがあると言われてます。産後うつと診断されるケースは、約10%だそうですが、受診してなくてその可能性がある人はもっと多いだろうと感じます。

 

 

私は未知なことには予備知識で武装するタイプなので(笑)、事前に知っていて、ホルモンバランスと睡眠不足によってもたらされた思考と感情だと分かってはいても、気持ちが沈んでしまう時には沈んでしまうものでした。

 

 

とにかくヨガをしようと思い、時間を見つけては10〜20分くらい簡単なヨガを続けていました🧘‍♀️

 

 

ヨガをしている時間は、呼吸と動作に集中するので、モヤモヤした気持ちを一旦脇に置いておくことが出来ました。そして、身体の重心や、マットに設置している足などを意識しているうちに、ふわふわと不安の渦を漂っていた自分を「今、ここ」に繋ぎ止め、地に足をつけていくことが出来たと思っています🪴

 

 

「今、ここ」に意識を向ければ、漠然とした不安は、今実際に起こっているわけではないことに気づいてきます。

 

 

「今、ここ」にあるのは、幸いなことに、こうして産まれ、ふわふわでまんまるな可愛い我が子だということに気づいてきます👶

 


そして、我が子に手を伸ばすことができる身体を持った自分に気づいてきます。

 

 

 

ヨガをしたあとは、心も身体もスゥーっと軽くなったものでした。そんな風にして、私は産後の憂鬱な気分を、少しずつ和らげていきました。

 

 

ずっとヨガを続けていますが、産後こそヨガの恩恵を受けたと思ってます✨

 

 

産後のモヤモヤした気分で、なんとなく不調なママに、リフレッシュするツールの1つとしてヨガを提案したいと思っています。微力ながら誰かのサポートになれたらと考えています😊

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

勇気をくれる本

f:id:yoga_and_books:20220816085538j:image

 

#精神科医kagshunが教えるつらさを手放す方法 幸せになる超ライフハック

#kagshun

 

 

●内容(出版社より引用)
心の中にある不安やつらさは我慢では解決できないから日々幸せを感じられる生き方にシフトしよう。音声メディアVoicyで、ストレスフルな環境に対処する術を発信する精神科kagshunが自分だけのモノサシを持って、ラクに生きられる方法を伝えます。

 

 

●感想
表紙やタイトルのふわっとした感じとは対照的に、著者の臨床経験にもとづく精神医学、心理学、脳科学エビデンスがしっかりとした信頼感のある内容です。

 

私も、メンタルは日々揺れ動き、たまにネガティブな方にひっぱられます。


「人間だから、そんな時もあるよ!こんな考え方もあるけど、どう?」

 

と上手く折り合いをつけて、自分らしく道を歩んでいくヒントがたくさん書かれていて、勇気をもらえます✨

 

 

認知行動療法のACTというものを、日常で活かすにはどうするかという話が興味深く、少しずつ実践してみようと思いました。

 

ヨガや瞑想を通して、感覚として理解していたことが、精神医学や脳科学的にも良いんだな😳!という学びもありました。

 

 

 

清潔とはいいがたい環境で暮らし、お酒やたばこを楽しみ、仲間と笑って過ごすことは、不健康かも知れないけれど、その人にとっては幸せかも知れないという箇所が印象的でした。はたからどう見えるかはさておき、本人がストレスなく楽しいと感じることは、心の健やかさに直結するなぁと思いました🧡

 

 

音声メディアvoicyのkagshun先生の番組もオススメ🙋‍♀️

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。